保険見直しの状況

しばらく前までは、保険はどの会社と契約してもどこでも同じ事と言われていました。実際に過去の話では、どの保険会社も保険料や保険金など、どの会社も似たり寄ったりで、確かにどこも同じサービスがまかり通っていた時代がありました。その理由としては、政府が行っていた「護送船団方式」による経営の在り方が、大きく左右していたのです。護送船団方式とは、その字が示す通りに大きな船に寄り添って行けば安全といった事で、金融界は政府の護送船団方式による政策により、経営が行われていました。

しかし、いつまでのこのぬるま湯に浸かっているおかげで、過当競争に追いつけない企業が金融破たんするという事態に追い込まれ、現在では新たな自由化の方針の下に、金融業界も競争化の波にのまれる事になったのです。

この規制緩和のお陰で、保険サービスの内容も見直されており、様々な保険が加味されたサービスが現れることにより、国民は保険見直しを行う事で、目的に合わせた保険を利用できる軽快さを、持つ事ができるようになってきました。つまり、今まで高額であった商品がこの規制緩和によって、よりリーズナブルな格安の商品として、売り出される事と同意義となったわけです。